トイレの水漏れトラブルの必須知識を紹介しています。

このサイトはトイレの水漏れトラブルに関して、初心者が押さえておくべき必須知識を筆頭に現状がどうなっているのかの確認方法や、修理処置の具体的な方法論について3ポイント程解説しています。
専門家に依頼するかを判断する場合でも重要なポイントになりますし、事前に問題が起きない様にする為にも決して難しい事ではありませんので、何かあった時にはまずは落ち着いて、気になる項目をしっかりチェックする事をお勧めします。

トイレの水漏れを解決!初心者がトラブルを乗り越えるために必要な知識を紹介

トイレの水漏れを解決!初心者がトラブルを乗り越えるために必要な知識を紹介 "トイレの水漏れトラブルの原因になりやすいのが、水溶性のトイレットペーパー以外の物を流してしまう事です。
ペットのトイレ砂であったり、残飯の類や他の事務用品の紙等を使ってしまうのも、NGと思って下さい。
無論、普通に流れてくれる事も無いではありませんが、例えば事務用品の紙等は耐水性が強い物も少なくありませんし、トイレ砂関係も配管内でタール状になって壁を作ってしまう様な事があります。
オムツの吸水ポリマーは特に危険で、限界まで吸い込んだから流してしまおうと考えて投下してしまうと、倍以上に膨れ上がって大工事をしなければ対処しきれない事になってしまいます。
もしも流してしまった場合は、必ず回収するのが鉄則と考えて下さい。
後は、事前にトラブル対策の為のビニールや捨ててOKな雑巾にバケツと殺菌剤、配管開通用のラバーカップ(俗称スッポン)等をトイレ前に常備しておくのも賢いです。
"

トイレの水漏れをスムーズに解決するコツについて

トイレの水漏れをスムーズに解決するコツについて トイレで水が漏れているのを発見すると誰もが慌ててしまい、落ち着きを失ってしまいます。
しかし、なるべく早くにトイレの水漏れを解決するコツは、まずは気持ちを落ち着けてから、しっかりと水が漏れている場所や原因を探ることなのです。
トイレで水漏れを起こす場所は、便器まわりだけではなく、手洗いタンク、ウォシュレット、給水管、排水管などさまざまな所が考えられます。
明らかに水がポタポタを落ちている場所が確認できれば、すぐに原因を突き止めることができますが、床が濡れている時や時間をかけてどこからか水が染みだしてくるという状況の場合には、しっかりと観察をして水漏れ箇所を見つけることが大切です。
もしも、給水管や排水管から水が漏れているのであれば、ナットが緩んでいたり、パッキンが経年劣化で傷んでいることが原因になっていることが多いので、うまくいけば自分で修理することもできます。
もしも、原因がわからない場合や自分で修理するのは自信がないという場合には、水のトラブルを修理してくれる専門会社にできるだけ早く相談することが良策です。
専門会社では24時間365日体制で相談を受け付けているので、連絡をして現在の状況を詳しく伝えた上で、プロのスタッフを派遣してもらうとよいでしょう。

トイレのつまり解消にはこちらのHP!

トイレ つまり 堺市南区